会社案内

沿革

練り作業 松竹堂香舗株式会社は、線香・造の発祥地ともいわれる大阪堺で創業いたしました。本場の薫香・造技術を継承しながら常に最新の技術を加味し、現在に至っております。  当社では、伝来の製造技術に加え、世界各地より取り寄せた天然香料を調合・製造し、現代的な香りを加味した製品を次々と発売しており、寺院用、一般礼拝用として消費者の方々からご好評をいただいています。
 昭和15年 初代 後藤松太郎 大阪・堺にて起業
(戦時により中断) 
 昭和22年 二代 後藤藤次郎 一宮町江井に起業 
 昭和46年  現会長 後藤 進 大阪 河内長野へ移転
 昭和55年  事業拡大により故郷淡路・津名町へ進出
 平成元年  法人設立
 平成5年  事業拡大により現在地津名町木曽へ本社・本社工場移転
(第一・第二工場併設)
posted by 薫香司 | 会社案内